若手職人育成事業 修了式

投稿日:

新潟県、村上市の支援を受けて平成29年度(2017)から始まった村上木彫堆朱若手職員育成事業は、今日令和2年3月31日をもって終了しますので、修了式を行い、後継者育成の研修生たちに修了証書を手渡しました。
3年間という短い期間ではありましたが、大葉田くんと高橋さんは真面目に通って技術を身につけてくれました。また講師を引き受けてくれた伝統工芸士の川上さん(彫刻)、小田さん・菅原さん(塗り)、本当にありがとうございました。
育成事業は終わりますが、研修生の二人は自身の技術力向上のために、来年度も組合2階の研修施設で技を磨き、この業界で生業として仕事をします。

3月25日に新潟市にある新潟県自治会館で行われた、令和元年度地場産業強化推進事業(振興計画実現型)にかかる新潟県の成果報告会でも、研修生たちが研修後も業界に残ることが評価され、また村上堆朱事業協同組合のHPのアクセス数も5万を超えている(2年2ヵ月)ことから、補助事業として成功した例ではないかとのお褒めの言葉も頂き、うれしい限りでした。
今後は組合として、若いこの二人をしっかりと支えていきます。

-お知らせ

Copyright© 村上堆朱事業協同組合 , 2020 All Rights Reserved.