Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Arrow
Arrow
Slider

国の「伝統的工芸品」の指定を受けている「村上木彫堆朱」


村上市は新潟県の北部に位置する古い城下町で、古くから良質の天然漆を多く産出していたことから、江戸時代に「村上木彫堆朱」の技法が確立しました。木地に花や鳥などの模様を彫刻し、天然の漆を塗り重ね、上塗り後に艶消しという工程を行い、表現を豊かにするために毛彫りを施します。艶消し仕上げを行うことで、使い込むほどに色艶が増して、味わい深い漆器となるのです。
村上木彫堆朱は芸術的に特色ある工芸品として注目され、昭和30年2月に「新潟県無形文化財」に指定され、昭和51年2月に経済産業大臣(当時 通商産業大臣)から、村上木彫堆朱として国の「伝統的工芸品」の指定を受けました。
「経済産業大臣指定伝統的工芸品 村上木彫堆朱」および「この伝統マークを使った伝統証紙が貼られている村上木彫堆朱」は、産地組合等が実施する検査に合格した伝統的工芸品です。

村上木彫堆朱の種類

堆朱

堆朱(ついしゅ)
木彫りの上に数回漆を施して、朱にて塗り上げ、塗りの最後につや消しで仕上げた代表的な技法です。使い込むことで、経年と共に自然な艶と明るみが増してきます。
堆黒

堆黒(ついこく)
木彫りの上に数回漆を施して、中塗りから黒漆を用い上塗りで黒呂色漆にて塗り上げた技法です。
朱溜塗

朱溜塗(しゅだめぬり)
堆朱の工程の艶消し後、更に溜漆を2、3回塗り重ねて丁寧に研磨して仕上げる技法。時とともに表面の黒が透け綺麗なアメ色へと変化していきます。
彩漆塗

色漆塗(いろうるしぬり)
上塗りに数色の色漆を用いて鮮やかに塗り上げる技法です。これにより色彩豊かな表現が可能となりました。

金磨塗

金磨塗(きんまぬり)
彩漆の技法に更に金箔を貼り、その上に色漆を塗り重ね丁寧に研磨し、表面に薄らと箔を研ぎ出す技法です。箔の輝きはより作品を優雅なものへと誘います。

三彩彫

三彩彫(さんさいぼり)
彫漆またはむき彫りとも呼ばれ、彫りのない木地に朱・黄・緑の順に3色の漆を塗り重ね、最後に黒を塗り上げてから表面を掘り上げる技法。彫り加減ひとつで生まれる色漆の層は堆朱の技術の中でも、もっとも繊細な作品へと生かされております。

作業工程の紹介

村上木彫堆朱は、一つの製品が出来上がるまでに計19の工程を経なければ完成致しません。そしてその工程は全て、職人の技や長年の経験がなせるものばかりです。

伝統品
村上木彫堆朱は調度品から箸などの食卓品まで様々な商品が揃っています。

朱器
朱器は現代のクリエイターと村上の職人のコラボレーションから生まれた普段使いの漆器ブランドです

KOITTEN
KOITTENは長岡造形大学の学生さんたちとのコラボレーションから生まれた堆朱と本革で作ったブックカバーです。

Copyright© 村上堆朱事業協同組合 , 2019 All Rights Reserved.